自慰のしすぎで中出しができない!早漏防止の重要性

オナニーの弊害とは

男性の方がオナニーをしているのが事実です。
中にはセックスよりもオナニーの方が好きという方もいるでしょう。
オナニーをする時には力強くして男性器を握る方がいますが、これは中で出すことができなくなる要因です。
オナニーのやりすぎで中で出すことができなくなり、お悩みとなっている方も少なくありません。
セックスはあくまでもパートナーと一緒に楽しむものです。
オナニーは自分タイミングで終わらすことができますが、セックスはパートナーのことは考えないといけません。

コンドーム使用しないセックスも危険

コンドームを使用するとどうしても刺激は弱くなってしまうものです。
そのため、ピルを使用し、コンドーム無しでのセックスばかりをしていると、コンドームを使用した時との刺激の違いがあり、中で出すのができなくなりがちです。
オナニーでも同様ですが、強い刺激に慣れ過ぎてしまうことの弊害で起こることです。
この点はしっかり頭に入れておかないといけません。

自分の射精のタイミングを知る

何となくは自分の射精のタイミングを知っているという方もいるでしょう。
早漏防止の時で最も重要になるのが、自分の射精のタイミングを知ることです。
普段のオナニーの時にどういった状態になった時に射精が我慢できなくなるのかを知ることが、早漏防止の第一歩です。
中で出すことができなくなってしまっている方は、早漏という方も少なくありません。
早漏防止で自分の射精のタイミングを知ることは、こういった問題の改善にも繋がります。
自分は早漏ではないと思っている方も、射精のタイミングを知ることによって、セックスをする時の快感をコントロールすることができるようになる為、取り組んでみてはいかがでしょうか。